みなさんは朝活をしたことがあるでしょうか!?

この記事にたどり着いたあなたは朝活をしている方、もしくはこれから始めてみたいと言う方が多いと思います。

この記事ではそんなあなたにぴったりな朝活術を季節に合わせて考えていきたいと思います!

東洋医学とは?

 

まずは東洋医学について少しお話しいたします。

東洋医学とは2000年程前の中国で主な基盤ができ、平安時代ごろに日本に伝わって発展してきた医学です。

東洋医学は自然の秩序を参考にすることで、まだ身体の中の機能が分からない時代から身体の状態を判断していました。また、自然からヒントを得ているので四季の移ろいに合わせた生活をすることが健やかに過ごす秘訣となります。

今の私たちの生活はどうでしょうか?

無理やり夜まで働いたり、暑い夏にクーラーガンガンだったり……

自然とはかけ離れた生活をしていることが多いと思います。

朝活も同じことが言えます!

どの季節が朝活に向いているのか?どんなことをすれば良いのか?

紹介していきます!

 

四季の移ろい、1日の移ろい

 

東洋医学では四季の移ろいに合わせた生活が大切と説明しました。

いきなり四季から見ていくのは難しいので、まずは1日の移ろいで考えてみましょう!

1日は24時間あります。

 

24時間の中で太陽が昇り、太陽が沈み、月が昇り、月が沈みます。太陽が出ている時間を昼、月が出ている時間が夜になりますよね。なんでこんなに当たり前のことを説明したかというと、この太陽と月の関係や昼があって夜がある関係を東洋医学では大切な考えと捉えているからです。

太陽があって月がある、昼があって夜があるように物事を陰と陽に分ける考え方を「陰陽論」といいます。

落ち着きがあり静かなイメージを「陰」

活発で動きのあるイメージを「陽」として分けることができます。

ということは太陽の出ている昼を「陽」

月の出ている夜を「陰」と考えることができます!

四季に合わせた陰陽

 

毎日、日の出と日の入りの時間は違いますよね。

そこで陰陽論を使って考えてみると陰陽のバランスが毎日変化していることになります。

太陽に着目することで陰陽のバランスをみてみましょう!

太陽が出ている時間が長い季節→夏

太陽が出ている時間が短い季節→冬

これを陰陽に当てはめると

夏→陰気が少なく、陽気が多い状態→陽気がMAX

冬→陰気が多く、陽気が少ない状態→陰気がMAX

となります!

春と秋は

春→冬から夏に変化する季節→陽気が増えて、陰気が減っていく

秋→夏から冬に変化する季節→陰気が増えて、陽気が減っていく

自然の陰陽をみてきたので次はひとの陰陽をみていきましょう!

 

ひとの1日の陰陽

 

1日の生活で一番陰陽がわかりやすいのは

「睡眠」と「活動」です

陰は落ち着きがあり静かなイメージでしたので

睡眠は「陰」

陽は活発で動きのあるイメージですので

活動は「陽」

ここまでくると気が付いたことはありませんでしょうか?

四季に合わせた朝活術

季節によって変化する陰陽バランスに合わせた睡眠を心がけることで健やかに過ごすことができます!

それでは一つずつ見ていきましょう

● 春

春って暖かくて気持ちが良いですよね。

少し暖かくなったからといって突然活動的になるとからだに負担がかかってしまいます。

ですので早寝早起きを心がけ睡眠時間を確保して陰気を補いましょう!

また陽気がゆるやかに増えていく季節ですので、からだを動かすのも緩やかに行なっていきましょう!

朝活はゆっくり散歩からはじめて見てはいかがでしょうか?

夏にむけて陽気を増やすことで夏を乗り越えれるはずです!

● 夏

外に出て活発に動きたくなる季節が夏ですよね!

夏は陽気が多い季節ですので活動的になることが健やかに過ごす秘訣。

睡眠は涼しくなる夜を待ちましょう、夏は遅寝早起きで入眠は少し遅めでも大丈夫です。

夏は陽気がMAXですのでからだを動かすのには最適な季節!

朝活でもランニングやサイクリングなどで積極的にからだを動かすことで、からだの陰陽バランスが整います。

朝から汗をかいて気持ちの良い1日を過ごしましょう!

● 秋

陽気に満ちた夏から少し寂しさを感じる秋。

冬に向かって陰気が増えていく季節ですので穏やかに過ごしましょう!

秋になると夏のように寝苦しい夜は過ぎているはずです。

秋は早寝早起きを心がけましょう!夜が冷えるのでからだを冷やさないことも大切。

秋は涼しくなってくるのでからだを動かしたくなりますが動かしすぎには注意。

特に朝活では汗をかいて冷えてしまわないように心がけることが重要。

陰気である冷えを受けすぎると次の季節である冬に影響します。

秋はほどほどの運動がグッド!

●冬

外が寒くて陰気に満ちた冬。

冬は陰気に満ちているため無理に活動的にならなくても大丈夫。

冬は夜が長い季節。早寝遅起きで睡眠をたくさんとることを心がけましょう。

朝の寒い時間帯に無理に起きるのではなく、日が昇ってからゆっくり起きることにしましょう。

この時期は無理に朝活をこのなうのは注意が必要。

暖かい家の中でからだを冷やさないような朝活がベスト。

暖かい飲み物を片手に読書などはいかがでしょうか?

冬に知識を蓄えておけば春に良い成長ができるはず!

まとめ

いかがでしょうか。

最後に春夏秋冬の朝活をまとめてみたいと思います

●春

早寝早起き

散歩などの運動

●夏

遅寝早起き

汗をかくような運動

朝活にもっとも適した時期

●秋

早寝早起き

冷えないように心がける

ほどほどな運動

●冬

早寝遅起き

朝活にもっとも適していない季節

運動よりもインドアなことを!

 

東洋医学の知恵を使うことでからだに優しい朝活を行うことができます。

自然の流れに沿って朝活を行うことで健やかな毎日に手を手に入れましょう!